上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]



前回、何気なく書いた、ジャンヌの2世を制作しているという話題に
思わぬ反響をいただき、嬉しく驚いています。ありがとうございます。

1体の人形に、共鳴してくださる方が何人もいらっしゃるって
制作者冥利に尽きます。大げさでなく。

好きで創っている人形ですが、こういう風に支えてくださっているな、
と感じるとき、これからも気を引き締めて創ろうと改めて思うのです。

いわば、制作をする上でのサプリメントを頂いたようなものかもしれません。


ジャンヌにはいつも思い入れがあると言っていますが、
(今まで、何故かどうしてもその訳を言えなかったのですが、)
それは、私が、自分自身のために創った人形であるということです。

自称・人形作家なので、嬉しいこともつらいこともすべての感情は
人形に込めていければ、と思っているところがあるので、

つらくてどうしようもなかった時に、私を自分で支えようと
ジャンヌもそんな気持ちで創った人形でした。


初めてのジャンヌを発表したとき、記者の方の質問で、
「今回の代表作は?」に、なにも考えず思わず
「この子、ジャンヌです」と答えてしまった私は、
理由を尋ねられても、当時の状況を思い出し、答えもせずに泣き出してしまいました。
(私は、涙もろい...)

察しの良い記者さんが、「すべての感情を作品に込めるのが、作家さんですよ」
と言って下さったのを、ありがたく覚えています。


そんな誕生だったジャンヌですが、我が家で
自由奔放に育ち、言いたいことを言ってる風ににどうしてなってしまったのか...
たしかに、制作中はつよくありたい自分を意識していましたが、
親である私にもよくわからないのです。

この前、「これからの制作態度の指針になるかもしれません」と書いたのは、
ジャンヌを創った理由の自分のため、ということかもしれません。

あと何年制作ができるかを考えると、
自分のために自分なりに創ることが、私には必要なことのように思えるのです。


 
スポンサーサイト


黒服にするか、白服にするかでいろいろ考えていたのは
この子の服でした。


木原幸子 夢つむぎ ブログ


秋の個展以来、部屋に出ていたジャンヌにそろそろ入ってもらうにあたり、
2世を創ろうと思い立ったのです。

ご存知の方も多いと思いますが、ジャンヌは白い木綿の服なので
それで、今度の子も白がいいと思ったのかもしれません。

もちろん、顔とかが同じになるとは思いませんが、
ジャンヌを思いながら創るのは楽しい作業なので
これからの制作態度の指針になるかもしれません。


今日もお人形と共に過ごせるしあわせに感謝して...Keep Smiling♪


 


前回は、黒っぽい布で裁っていましたが、
どうもしっくりいかないので、変えてみました。

恥ずかしながら、変更はよくあることです。
自分で、当たりの見当を付けれないということでしょうかね...


木原幸子 夢つむぎ ブログ


この白いレースは、思ったより良かったです。
こんな時は、年甲斐もなく、やったね!という気分です。

まだ、ドレスのデザインは決まってないんです。
薄くて透けて見えるレースなので、どんなのがいいか
よく考えてみますね。

 


これは、簡単な型紙ですが、
私はこんな感じで服を裁っていきます。

簡単な原型でも、いつも型紙が必要です。習慣ですね。

木原幸子 夢つむぎ ブログ


普通、ヒトの型紙であれば、前身頃、後ろ身頃で袖ぐりや肩幅など微妙に異なりますが、
人形ですので、前後ろ同じにしています。

なので、写真のように袖も左右が同じになります。

ですが、パンツや下着のドロワーズになるとやはり前後ろが必要な気がして
一応、前後をつくっています。

変なこだわりかもしれませんが。

型紙には、メモ程度に、日付、服の特徴とかを書いておいて
あとで、見た時に、思い出しやすいようにしています。






「らんらんスリランカ」というブログ、覚えて下さっている方も
おられるのではないでしょうか。

だいぶん前になりますが、大学で留学生たちに日本語を教えておられる方が
教室に来てくださっていました。
(教室展のときにピーターパンをつくっておられた方ですよ)

その後、スリランカの大学で日本語を教えられるために
スリランカに数年住んでおられ、その時の体験談を
「らんらんスリランカ」で楽しく詳しく書いておられたのです。

その方から、久しぶりにメールをいただき、またまた
その行動力にびっくり!してしまいました。

この春からは、なんと南米チリの大学で教えられるそうです!!
旅行じゃないんですよねえ。旅行でもすごいけど。

そのために今スペイン語を勉強中と書かれていましたが、
普通の人は、そのくらいでは習得できないでしょうが、
よく、何カ国語か話せれる人は凡人とは違うとか聞きますけど。

同世代としては、こういう方がいらっしゃるのは嬉しい限りですが、
ちょっと離されてるなあ、という残念感も感じてしまいます。

なんにしても応援したいです!!
また、ブログもされるかもしれないそうなので、
その時には、お知らせさせていただきますね!

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。