前回につづき、ボディの話題です。

テディベア型のお人形のボディなのですが、
これに関して、いつも悩み事があります。


木原幸子 夢つむぎ ブログ


このふたつも写真でははっきりはわからないかもしれませんが、
大きさだけでなく形もだいぶん違いますが、
それはそれとして、

足の付け根のジョイントをどうするかで悩むのです。

今回のは、外から大きなボタンで挟んでみた方法です。

もう一つ考えられるのは、テディベア用のジョイントを使用する方法ですが、
これを使うと、太ももが膨らみ易いという悩み事がでてきます。

クマさんは、それで全然かまわないのですが、お人形の場合
あんまり広がりすぎるのは、バランスにちょっと問題ありです。

ただ、ボタンよりしっかり止まるような気もします。
でも、ぼわっと膨らむ...うーん、どっちがいいかな...

いつも悩んで、いつも答えが出ないんです。

ところで、写真のソックスがずれていますが、お気になさらないでくださいね。


 




いつもお人形を創っていて面白いなあと思うことがあります。

それは、例えば、頭の大きさが(大きさだけ)が同じでも
その輪郭や表情(推定年齢?)によって、
ボディの大きさやかたち、太さが大きく変わってくるということです。

先日(1/20)アップした写真のお人形は
ボディの形が極端に細長いものです。

ボディだけ創ったときに、少し細すぎるかなと思い、
念のため、胴と足を少し太め、といってもまだ細いものですが
そういうのをもう一体創っておきました。

いざ、付けてみようと思ったら、細すぎると感じたほうが
しっくりきたんですね。

やってみないとわからないのは、修行が足らないのか...

もれたほうのボディもいずれ日の目を見ることがあるかもしれませんが、

そんなわけで、ボディの製図と、選にもれたボディは溜まるばかりです。


  


何人かの友人から教えてもらいました♪ (ありがとうね)
金曜夜10時からのNHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか」という
ドラマにお人形さんがたくさん出てくるのです。

球体関節人形で、あまり詳しくないのですが、大竹京さんのお人形みたいです。

ドラマの中の部屋や教室にはいたるところにお人形さんが出てくるのですが、
出てきたから観ようと思うと、すっと画面が変わって残念だったりします。

ストーリーは、2話から観たので、(一昨日が2話だった) よくわからないのですが、
なにやら深刻そうで
私の好みの軽い話ではないみたいですが、それは仕方ないですよね。

素敵なお人形がたくさん出てくるので、一度ご覧になられたらいかがでしょうか。


 


このお人形さんは、少し前に完成していました。
例の着物地を使ってのものですが、いかがでしょうか。


木原幸子 夢つむぎ ブログ

フリルとリボンにたっぷりと布を使ってみました。
フリルの裏の紅絹とかが、濃く染めたものですが、
写真では、相変わらずわからないようです。

あと、ズボンに使った黒い生地ですが、
羽織だったものですが、地紋がとてもきれいなので
気に入って使ってみました。

髪の毛は、どんな風にしようかと少し悩みましたが、
明るいカールにしてみました。
実は、ストレートもいいかなと思っていたのですが、
当ててみたところ、こちらのほうが似合いそうだったので
こちらに決めました。

現在は次のお人形さんに取り掛かっています。
今度はどんなお人形さんに出会えるのでしょうか...


 



昨日の教室では、個性的で素敵な作品が出来上がっていましたよ♪


少しお姉さんかな? 
はにかんでいるような表情がかわいいです。
衣装の木綿のドレスも地味なもので、浮き立たなくお人形さんに
しっくりしていると思います。


夢つむぎ 教室



そして、こちらは、

夢つむぎ 教室


レリーフの作品をひとつのフレームに納められて
立派な額になりました!

みんな一緒になって楽しそうです。
発想豊かな作品で、見ててもうきうきしそうです。


今年初めての教室でしたが、活気のある賑やかな教室になりました。
みなさま、今年もどうぞ宜しくお願い致します。