上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]

話がとびとびになってすみません...

今回の個展のタイトルの「銀色の夢」というのは、私がこの頃思っていることなんです。
なんとなく、もうおわかりかもしれませんが...

たぶんこれが案内状の文面になると思います。


   人形を創りつづけて30数年…
   私の夢は常に人形とともにありました。
   若い頃にはきらきら輝く金色の夢として、
   そして今は静かで穏やかな銀色の夢として。
   色やかたちは変わっても
   私の人生にふさわしい夢がきっとある。
   そう信じて、これからも真摯に丁寧に
   自分の夢を紡いでいきたいと思います。  木原幸子


もしかしたら、もう叶わないかもしれないな、という夢もあるし、
現実的に考えれば、今さら夢なんて、と笑われる年齢なのかもしれません。

だけど、無理かもなあと思いながらも、心の中に自分なりの夢が持ちたい気分なのです。
大好きな人形たちとともに、年甲斐もなく...夢、紡いでまいります。


木原幸子「夢を紡ぐ人形たち」 ~銀色の夢~
会期/2015年11月11日(水)~11月17日(火) 最終日は午後4時閉場
会場/岡山天満屋 5階 美術ギャラリー


ラストスパートです! って言っても、「銀色の夢」らしい頑張りかたでやっていきます。

 
スポンサーサイト

成羽美術館の「ルオー」展に行きました。

ルオーの名前や画風をまったく知らないという方は、多分いらっしゃらないと思いますが、
私は、無知にもずーっと、額まで絵具を塗ってるような濃い絵だとか、
大原美術館にもあるよね、くらいの素朴な知識しかありませんでした。
特に好きでも、嫌いでもなく。

ですが、偶然「聖顔」を知って以来、その精神性の高さを知り、
一度は展覧会に行ってみたい画家の一人になりました。

そして、今回。
近場とは言え、うーん、自分の運転では無理と思っていたら、
幸運にも連れて行ってもらえることに!

ネットで下調べしていたつもりでしたが、あんまり資料も見当たらなかったので、
よくわからないまま会場に入りました。
パンフレットは、「マドレーヌ」という、
私が思うルオーの色彩とは違う少し明るい華やかな絵になっています。

初めは小声で少し話もしながら見ていたのですが、
「ミセレーレ」のシリーズの部屋に入った途端、二人とも会話がなくなってしまいました。
話すどころでは、なくなったというのか...
(いやいや、美術館で会話をしたといったら、それだけでけしからんことです)

深い、のかな。 いいとか、上手とかそんなのどうでもいい気分です。
私には、知識もないし、そういう見方できないですし。
また、それぞれのタイトルが、また、何とも言えません。
絵とタイトルと目線が上下、上下いそがしいです。両方見て納得。

そして、
今回「聖顔」が来ているとは思っていなかったので、今日会えるとは思ってもいませんでした。
なんといっていいか、その部屋に入ってパッと「聖顔」が目に飛び込んできた時は、
それは言葉にはなりませんでした。
あえて例えるなら、玄関に急に福山雅治が立っていたようなものです!(ちょっと違う...)

思い描いていたより、ずいぶん大きな作品でした。

絵を観て、こんなに心を揺さぶられたことは、もしかしたらなかったかも。

絵も人も偶然の出会いが縁だから、今日の私だから、そういうふうに受け止めただけかもしれません。
でも、本当に嬉しかったなあ。

そして、もう一度、初めから見直し。
そうしたら、一つ目の部屋の絵も違って見えてきたから不思議です。

今日は、朝早くから出発して、蓮を見に連れて行ってもらったり、
友人のご実家にお邪魔して、朝採れの野菜をいただいたり、盛りだくさんで、大満足の一日でした。
どうもお世話になり、ありがとうございました。 

お疲れさまっと思ったら、友人は、夕方から花火を観に再びお出かけだそうです!
今日は、成羽も花火大会らしく、美術館の付近も準備で忙しそうでした。
夏ですね!
 
 

お人形の制作と並行して、そろそろ秋の個展の準備もしなくては...

人形つくりは一人でできますが、雑用?は本当にむつかしいものです。
なにしろ、本人は頑張ってるつもりなのに、苦手で、はかどらないものですから。

前回の私の個展が3年前で、今回お世話になるお店の担当の方は、
一年半前に美術画廊に来られたそうなのでお会いしたことがない方です。
(といっても、お会いしたわけではなく、今のところお電話だけです)
これから、いろいろお世話になることでしょう。
いつものことですが、2~3年とか空くと前回と変わっている事情や、勝手に思い違いしていることやで
そのたびに担当の方に頼りっぱなしになってしまいます。

とりあえず、一人で出来ることから。 ためしに写真をとってみました。
ちょっと花を置いてみたりして...


 木原幸子 夢つむぎ ブログ


あれっ? 結構いいかな? 10枚ほど撮ってみた中の一枚ですが...
私の腕前からいうと、これ以上のものは望めないかもです。 ラッキーというか、こんなことあり?
でも、花がちょっと...なんて思っていると、

なんと、カメラが動かなくなってしまいました。

カチャカチャやってたら、動きだしたものの、また止まったり...
うーん、個展の前の不穏なムードです。

前回のときも直前に、カメラと携帯が壊れて、あわてて買い直したのを思い出してしまいました。

小心者の私は、この時期になると、無事に個展が終わるのを祈るばかりで、
何度もしているはずなのに、楽しむとかそういう気分にはなかなかなれないのです。

あっ、そうそう。
私の個展は、11月11日~17日、天満屋岡山店美術ギャラリーです。
今回のタイトルは、「銀色の夢」 です。
なんででしょうね~。また次回にでも、書きますね。

 


2~3日、急に暑くなったと思ったら、今日はまた曇り空です。
でも、朝から蒸し暑いので、これから温度が上がっていくのでしょう。

さてさて、この前の教室では、このうっとうしい梅雨を飛ばしてくれそうな
爽やかな洋服のお人形が出来上がっていました。

淡いグリーンのドレスは洋服地かと思いましたが、着物だったそうです。
レースがさりげなく付いていて素敵な感じです。
そして、着せ替え用に木綿のレースのドレスも!

木原幸子 夢つむぎ ブログ  教室作品

すぐには着せかえれないみたいなので、雰囲気だけでも...

木原幸子 夢つむぎ ブログ  教室作品

こちらは半袖なので、もっと涼しそうですね♪
写真では見えませんが、とても丁寧につくっていらっしゃいます。


これから暑くなってくると、私もどうしても涼しい感じの服を着せたくなってしまいます。
レースの素朴なワンピースとか、いいでしょうね。

長引いていた私の体調不良もおかげ様でずいぶん改善されてきました。
問題なのは、今回ばかりは、お人形制作を中断してしまったので、
リズムってものでしょうか、つくる調子みたいなのが、なかなか戻ってこないことです。

まあ、長年やってきたことなので、そのうち元に戻ってくると思います。
皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけ下さいね!

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。