上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
このブログには、ブログを書いた時間の表示がないのですが、
前のブログは、今日の朝10時ごろで、
現在お昼過ぎの2時半です。

一日に2度書くってことは、とても珍しいことですが、
朝のブログ、いっぱいくだらないこと書いてしまって、
私も時間の無駄、読んでいただいたのも申し訳ないと思ってしまうほどなのですが、
もっと、情けなくて笑ってしまいます。

書いているうちに始めに書き始めた目的を忘れてしまって
話が横道にそれてしまいました。

片付けは、片付けなのです。
けど、私のことではなかったのです。

自分のことで、暴走してしまいましたが、
洗濯物の一件から、片付け嫌だなあと思ったところで、姪っ子のゆいちゃん(姉の娘)のことを思い出して
それを書こうと思い立ったのでした。

この子は、なんと赤ちゃんから子供になりかけた頃からのお片付け好きなのです。
私は何度となくその事件に遭遇しました。

姉の留守に子守を任されてるって、よくあることですよね。
いろんなおもちゃを出して一緒に遊んでいるときはいいのですが、
もう片付けようということになったときに事件は起こります。

必ず、きちんと元通りに片付けないと気がすまない性格なので
ひとつでも行方不明のおもちゃがあると、それを見つけて元に戻すまで
探し続ける、探し続ける...寝てくれません。

♪探し物はなんですか。見つけにくいものですか?♪
見つけにくいものですよ。
私には、ゆいちゃんがなにを探しているのかわからないんですよ。

その後も、その性格に磨きがかかって、
姉も、「ゆいに任せておけば安心!」というほどの片付け上手、お掃除上手。

なので、一昔前だったらこれで一生安泰というような就職をあっという間にやめてしまって、
収納の専門の道をいくんだ!と言った時も、なんとなく、わかるような気がしていました。

そのゆいちゃんが、ブログを始めていると聞いて、読んで、びっくり!!
サブタイトルがなんと

「ズボラな整理収納アドバイザーがいたっていいんじゃない??」

ゆいはズボラだったの???
今まで、こまめなお片付け人間だと思っていたのに。

読んでいると、まあ、若い子らしい、いろんな日常の出来事。
たまにはプロらしいことも書いたりしていますが、
家事のご経験豊富な主婦の方々は、もうご存知のことも多いと思います。
お役立ち情報があるかもしれないので、お時間あったら読んでやってくださいね。

■片づけゆいこ ーぼちぼちやりますーここをクリック



専門は、お講義らしいです。(私は、出張でお掃除に行くのかと思っていました)

都会では、結構な受講費にもかかわらず、参加者がいっぱいだそうです。
片付けたいと思う人は都会ほど多いのかもしれません。

私としては、お講義ではなく、おばちゃん価格で「実践」でお願いしたいと切に願っています。


ところで、私の朝の断捨離計画ですが、あっさり断念いたしました。
あれから、お人形の仕上げなんて書いていましたが、
お洋服からやり直すことに決めました。
こんな感じでどんどん日にちだけたっていくのを忘れていました。

やっぱり、物に埋もれながら当分お人形つくりをしようと思っています。

 


スポンサーサイト
今日は梅雨の晴れ間。
週間天気予報でも、明日から一週間はぐずつくらしいので
今日のうちに乾くように、お洗濯たくさん、済ませました。
仕事した後の、アイスコーヒー、おいしいね。

と思っていたら、部屋のものにかくれた、残った洗濯物発見!もひとつ発見...
なんか、こういう時にみょうにガックリくる私です。

部屋が片付いていたら、こんな失敗しないんだろうけど
片付けないんだから、しかたないか...

実は数年前まで、意外かもしれませんが、
結構、家の中は片付いていると自負していたのです。

それは、一年に一度、今の言葉で言うと
「断捨離」を決行していました。
それで、押入れとか収納場所に、空いた空間を作っていたので、
物が増えても収納場所が確保できていたのです。
つまり、今は、片付ける場所がないので余計めんどうなのです。

春になって、鼻がムズムズし始めてくると(これは、花粉症)
家中の要らないものを整理したいという気持もムズムズ湧き上がってくるのです。

なにもマスクして薬飲んでる時に、ゴミやほこりを掘り起こさなくてもいいと
自分でも思うのですが、どうしてもやりたくなるのです。

それをやっていたおかげで、なんとか1年すっきりと過ごせれるという感じだったのですが、
これには、特に集中してするわけでもないし、
片付けたら大掃除も一緒にやってしまおうと思うので
だらだらと3ヶ月くらいかけて家中をするという長丁場でした。

花粉が終わる頃には、古い家ですが、
私から見れば、それなりにすっきりピカピカになっていたのです。


でも、ここ数年、忙しいのでそんな時間とれないしということで、
世の中が断捨離する頃になって、溜まる一方の生活になってしまったのです。

その都度捨てる!なぜか、これがなかなかできないのです。

決断できない女...そんなおおげさなものでもないですね。

あ~、断捨離したい。
でも、今そんなことできないし。時間ないし。
でも、すっきりした部屋にもどしたい。

(でも、お金出して買って、使ってないものを捨てるのって、勇気いるのも、事実ですよね~。)

だから、捨てると決めて、一気にするのが私には合っているのだと
今気付きました。

やろうかなあ、でもやっぱり個展の直前の今はまずいなあ。

決められない女。

とりあえず、気になっているお人形の仕上げをすることにします。

 

 


今週は水、金曜と続けての教室でした。

6月としてはめずらしく台風4号と5号と続けてやってきたりの週でしたが
運よく二日とも晴れた日に当たりました。

さわやかな風とともに、新しいお人形のご紹介です。


がんばってがんばって作られたレコさんの作品
絵の具が変わったので、少し描きづらかったとのことでしたが、
これは、慣れていくしかないですね~。
木原幸子お人形教室 レコ


ショウコさんの花のうさぎさん
頭の付け方次第で表情が変わるので苦心されてましたが、
いいところで落ち着いてよかったですね!
木原幸子お人形教室 ショウコ


アッキーさんの作品
ドレスはアッキーさんのブラウスだそうです。
手触りのいいシルクです。
木原幸子お人形教室 アッキー



それから、めずらしいお人形をみゑさんが見せてくださいました。

写真では、大きさがお分かりでないと思いますが、
とても、とっても小さいお人形さんです。

上のふたつが、8~9cmくらい
100年ほど前のドイツのお人形らしいとのことです。
下着もちゃんと着けていて、手足もちゃんと動くのです。

そして、下の豆市松さんになると、なんと4cmくらい!!!
髪の毛の一本一本が太く写っているくらい小さいのに
これもまたきちんとお着物をきています。

木原幸子お人形教室 みゑ

昔の職人さんは、目も良ければ、指先も器用だったんでしょうね...
みんなで、感心して見せていただいた次第でした。


私事ですが、月刊プラザという雑誌で取り上げていただくことになりました。
その件を教室でお話したところ、
レコさんが今日わざわざ持ってきてくださり、丁寧に説明もしてくださり、
「大きく顔の写真が出てることもありますよ」?!!

ウッ、その言葉に衝撃を受けて
誰か代わって!!と心の中で叫んでいる私です。

 
とうとう梅雨入りです。

当分の間、うっとうしいジメジメの季節到来...

つかの間の晴れを心待ちにしなければ。


きょうは、4人4様のお人形さんです。


素朴な雰囲気のうさぎさんの作品
木原幸子お人形教室 うさぎ


どこか気品あるチエさんの作品
木原幸子お人形教室 チエ


あまったれ屋さん?は凛さんの作品
木原幸子お人形教室 凛


昭和の子供。みゑさんの作品
木原幸子お人形教室 みゑ


それぞれのお人形が個性をもっていて、性格もそれぞれのような気がします。


教室のあと、工房展についての話し合いをしました。

特に新しいことはなかったのですが、
みんなで話し合っていると、仲間なんだなという連帯感みたいなものが
いつもより強く感じられて、私はとってもうれしい気持ちでした。

それから、レベルアップ...
これが、これから私たちの課題になることはまちがいありません。

とりあえず、私は秋の個展に向けて。
がんばりまーす!

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。