急に寒くなってきましたね!
昨日、今日とお天気はいいのにあっという間に冬がやってきたみたいです。

お部屋の中は、節電と思いつつも、寒がりの私はやはり暖房に頼ってしまいます。
もちろん、たくさん着込んでの上ですが...
昨日なんか、たくさん着過ぎたせいで、夕方には肩こりがひどくなってしまったくらいです。

で、こういう季節になると一番なのが、場所をとらない手縫いのものです。
もうひとつが、あみもの。
このふたつは、コタツででもできるので、私は大好きです。

これは、素材が綿ジャージーなので、やはり、手縫い向きです。
一針、一針、それこそ、チクチク縫っていきます。

木原幸子お人形教室 木原幸子

木原幸子お人形教室 木原幸子

すこしずつ、できあがっていくのが実感できるので、
ゆったりした、おだやかな気分になれます。

もうすぐ完成ですが、
エプロンだけで、今日で4日目。
少し、遊びすぎてしまいました...

 
この前の教室の際に、
どんな縫い針を使えばいいかしらというご質問がありましたので
私がいつも使っている針についてお答えをしていこうと思います。

手芸店で買いやすいようにクロバーの針でご説明いたします。

私が、一番広い範囲でよく使うのが、普通針5(3の5、がすくけ)です。
長め、太めの針です。
針穴も大きく、普通地~厚地まで、あと、しつけとかにも使えるので便利です。
ただ、ボディとかとグイッといくと、曲がります。

薄地用は、短針9(4の2)です。薄物には重宝しますが、曲がりやすいのが難点です。

ボディ用の針が問題ですね。
糸が太いので、穴に通しにくいですから。

私は、長針と短針を使い分けています。

長針は、厚地用長針3です。針穴もけっこう大きいです。
短針は、パッケージが行方不明ではっきりわからないのですが、厚地用メリケン針4・5ではないかと思います。
これは、太くて短いので、曲がりはしませんが、なにしろ短いので用途が限られます。

以上の組み合わせで、割と不自由なく制作できると思いますので、
困られることがあったら、ご参考になさってみてくださいね。

ただ、糸通しを使われると、糸が2本になるので、太い針でも無理だと思われます。
糸の先をボンドで軽く固めてから通してみてくださいね。

それから、毎回教室のときに話題になる、「見えにくい」話ですが、
ハンナさんが、次回、便利な拡大鏡を見せてくださるということなので
困っていらっしゃる方は、必見かもしれませんね!! 

拡大鏡があれば、糸通しもラクラクに楽しくできるのかも...

 
 


レコさんのお人形が完成しました。
お洋服の色合いとか、モデルさんととてもよく似ていて
遠くから見ると、そっくりの出来上がりでした。





教室のあと、ささやかな工房展の打ち上げをしました。
出席者は6名でしたので、打ち上げというより、茶話会でしょうか。
気楽にお話をしているうちに、
あっという間に1時間半が過ぎ、お開きになりました。

決まったことは、教室全体の新年会を1月16日にすること
また、4月13日に工房展の会合を教室後にすること
以上です。

お忙しいと思いますが、ご予定を空けておいてくださいね!
お知らせでした。

 

工房展が終了して約1週間です。
なんとなく平常に戻ってきました。


そして、新しいお人形も生まれてきました。
hiroさんの作品です。

木原幸子お人形教室 hiro

hiroさんは、いつも着物地を上手に使われていますが、
この作品も着物から作られたそうです。
微妙なぼかしがあって、均一でない良さが出ていますね。


これから、また新たなお人形が一体、一体生まれてくると思うと
どんな夢をみせてもらえるか、本当に楽しみです!!

 

会場のお人形風景


kanakoさんです。

木原幸子お人形教室 天満屋工房展


木原幸子お人形教室 天満屋工房展


木原幸子お人形教室 天満屋工房展


kanakoさんとナナミさんです。

木原幸子お人形教室 天満屋工房展


ナナミさんです。

木原幸子お人形教室 天満屋工房展


以上、会員の皆様のお人形のご紹介でした。