桜の花も雨に散ってしまい、葉桜になってしまいましたが、
新芽がいかにも春色って感じですね。

 
チエさんが、またまた新作を持ってこられました。
三姉妹の最後の作品だそうです。
どうやったら、こんなにがんばれるのか
私もお尋ねしたいくらいです。

木原幸子お人形教室 チエ

写真を通してみると、実際に見ているときに
気付かないものが見えてきたりします。

このお人形の場合、髪の毛の色と、ドレスの色が重なって見えるので、
髪の毛を少し濃くされたほうが良かったのかな...
という気もしてきますね。

といっても、後から気付くことはけっこうたくさんあって
今後の作品に反映されたら、それでいいことにしていきましょう。

 

前回、写真を横2枚にしてみたら
お見苦しいことになってしまいました...
お詫び申し上げます。


hiroさんが、がんばって新しいお人形をつくってこられました。

木原幸子お人形教室 hiro

羽織地だそうです。
淡いピンクと墨色がきれいですね
はじめられて、そんなにたっていないのですが、
秋の天満屋展に出品されるつもりで、がんばっていらっしゃいます!
がんばろうね、hiroさん


かわいいお花をいただきました。
香りがとてもいいのです。

木原幸子お人形教室 花

春っていいですね

天気予報では、雨ということで
満開の桜にはどうかなと思っていましたが、
小雨程度で、散らなくてよかったと、ホッとしています...

この週末、桜でも見上げて
春を満喫したいところです
(覚えたての絵文字入れてみました)


レコさんの作品
木原幸子お人形教室 レコ

レコさんは、勘がいいというか
髪まで出来上がったときに、ちょっとさみしいということで
みるみる間に帽子を作り上げられました。
わたしも帽子は大好きです

今日はお天気がいいので、これから染色です。
肌布を染めるのは、根気がいるので、
がんばりまーす!!
 

4月1日。
新しい年度の始まり。
ニュースでも入社式の映像が流れていますが、
今年は各地とも震災の影響が色濃いですね...

桜の色も、なんとなく例年とは違ってみえそうです。


弘花さんのお人形です。
しなやかな別珍地の華やかなお人形が出来上がりました。

黒っぽくてわかりにくいですが、
頭飾りとコサージュも靴に合わせて
同じ布で作られています。
もともとアートフラワーをされているので
素敵なのができていました。

木原幸子お人形教室 弘花

話題はかわりますが、
お人形の写真を写すとき、今回のように
黒いドレスとかだと、お顔が白くとんでしまって
写すのがとてもむつかしいのですが、何か方法があるのでしょうか。
もし、ご存知だったら教えていただきたいなと思います。

 
30日に岡山ドームのモラ・パッチワークキルト展に行ってきました。

その規模の大きさに圧倒されながら、とっても楽しい時間を過ごすことができました!
大きなドームに負けないのが、作品の量と質の高さ、そしてお客さまの熱気です。

会場を教室の単位で区切っての展示だったので、
教室によって、個性があるのも私には魅力のひとつでした。
同じ先生に教えていただいていても、方向が少しずつちがうので
見せてもらうには、それがまた、楽しいのです。

とても残念だったのは、カメラを忘れていったので
ここでそれをお伝えすることが出来ないことです。

私は、全部拝見するのに2時間もかかりました。
それほどの、数と力作ぞろいなのです!!
会場には適当にイスも用意されていたので、それに腰掛けて眺めたりでき
快適に作ってありました。

ドームをどういう風に使って展示されるのかも大きな興味だったのですが、
なるほど!と思って感心したのです。

10月の私たちのお人形展示も今から気合を入れて
納得のいく作品作りをしていかなくては!と
改めて感じさせてもらった、素晴らしい展覧会でした。