FC2ブログ

今年の夏、暑い時期に嬉しいメールをいただきました。

以前私のインタビューを掲載していただいた、
岡山の情報誌、「月刊プラザ岡山」のライターの方からでした。

その方が、小説家志望で頑張っていらっしゃることは
以前から存じ上げていたのですが、
本格的にデビューの運びとなられたとのことでした。

デビュー作のタイトルが、なんと「人形師」なのです。

お盆過ぎには、実際に人形を創っているところをご覧になりたい
とのご希望で、教室のほうにもおいでいただきました。

木原幸子 夢つむぎ ブログ

本は、「小説クリッパー」(朝日新聞出版)というもので、
筆名は、小暮夕紀子さんというお名前です。

もちろん、小説ですから、架空のお話なんでしょう。
クライマックスからは、驚く展開もあり、
面白かったですよ。

また、人形を創る細部については、
私の創り方を参考にしてくださっている部分もあり、
そこはそれで、楽しく読ませていただきました。

今回は季刊誌の掲載でしたが、
次回は単行本のご予定もおありとのことで、
お忙しくされているご様子です。

それにしても、
もともと人形師を題材にして、作品を書くおつもりだったのか、
もしかして、私のインタビューがきっかけで書かれたのか、
チャンスがあったら、お尋ねしたいと思っています。


 

このところ、お天気もいいし、気温もグッド、
一年の内でも、私の好きな季節です。

そして、秋と言えば、芸術の秋、ですよね~。
音楽に、読書に、美術に、ノーベル賞の発表もありましたし。

教室のほうでも、新しい作品ができていました。

夢つむぎ 教室

Mさんのお人形ですが、
写真を撮るのに、私が髪の毛を整えようとしていると、
「そのままで」とのことでした。

モデルさんが撮影の時に髪が風になびいているような
そんな感じにされているそうです。

少しは感じが出ていますか?

 

終了してしまった作品展のご紹介で、気が引けるのですが、
心に残った作品が多かったので、少しだけ...

岡島先生とは、もう長いお付き合いになります。

当時、お世話になっていたアイビースクエアの講師として来られたのは
まだ、先生が青年というにふさわしいお年の頃だと思います。
飄々とされているその風貌は、今も全然お変わりありません。

やさしい語り口に似合わず?、その作品は前衛的というか革命というか。
今回もこんな形、あるんだ!と凡人の私などびっくりさせられるばかりでした。

来年には、「made in Kurashiki in くらしき」というアートクラフトフェアを
催されるようです。
私も今のところ、参加させていただく予定です。

 

先日の教室では、新しいお人形が3体も出来ていました!

いつものkanakoさんのお人形です。
お花がいっぱいついていて、ゴージャスな作品になっています。

夢つむぎ 教室

Hさんのお人形はかわいいお顔だったのに、
ピントが合っていなくて残念なことになってしまいました。
ごめんなさい!

夢つむぎ 教室

Kさんのお人形は、お洋服にこだわりがあります。
ブラウスとスカートに分かれています。
ちゃんと着せ替えができるようになっていましたよ。

夢つむぎ 教室


連日の暑さもおさまり、
だんだん過ごしやすくなってきましたね。
私もすこしピッチを上げて制作しようと思っています。




このところ、少し涼しくなって過ごしやすくなったなあ、
なんて思っていたら、今週は台風が2コもやってくるそうで、
なかなか思うようにいきませんね。

さて、そんな18日(土)に大学時代の同窓会がありました。
こじんまりとしたもので、出席者10名で、
ちょうど話しやすい人数でした。

卒業して以来という方もいらっしゃったりで、
面影を頼りに会話を始めるという感じもありましたが、
時間がたてば、なつかしい話がでてきたり、楽しいものでした。

会場は、岡山駅西のANAホテルの20階の和食ダイニング「廚“洊”」。
どうやら、クリアセンと読むらしいのですが、
どれもきれいな盛り付けで、いい感じでした。

まだまだ話しきれないということで、場所を移して
話の続きを。
座る顔ぶれが変われば、それなりに話題も変わります。

10人寄れば、10人の人生があるのでしょうが、
それが、少しだけ垣間見えるような楽しい時間でした♪

幹事さん、ありがとう!お世話になりました!!